近藤工芸
  お問い合せ
お店のご案内 近藤工芸の学習机 近藤工芸の家
テーブル工房 かわらばん日記 お客様の声
かわらばん日記
ここでは最新の商品ニュースやそれが生まれたいきさつ、また工房やショップでの日々の出来事などお店の素顔をご紹介します。皆さんに当店をより身近に感じていただければ幸いです。

 
2003年04月30日  ・・・売れちゃいました!!

 どうも皆さんこんにちは(^^
  今回もムッシュの部屋がやってまいりました。(そんなコーナーあったか?とは言わないでくださいね)本日は、一度でも近藤工芸にご来店くださった方々が驚くニュースをひとつお届けさせてもらいます。
 あの栃が売れました!誰もが搬入不可能と言われていたあの栃がです!まあ、近藤工芸サイドとしては条件さえ揃えばいつでも売れるという気持ちはあったんですけどね。お客様からは絶対無理だろうと言われていた代物です。
  サイズは幅170センチ長さ270センチ厚みが7センチで重量としては詳しくは把握してないのですが、いつも無垢の天板を運びなれている我々が6人がかりでやっと運べる代物です。(解かりにくいかな?)とにかく当分の間はまだお店の方に展示はしておりますので、お嫁入りを祝ってあげてください。ムッシュからのお願いです。では、納品後の報告はお客様の声にて近日公開!!
 To be continued・・・


2003年04月24日  ・・・鳥も飛んでます!

どうも皆さん久しぶりのかわら版の更新です(決してサボってた訳じゃないんです・・・)忙しくて・・・って言うのは理由になりませんよね・・・反省してます。
とにかく最近の近藤工芸は、新しい季節に向かい模様替えをしております。特に上を見上げて頂ければ、おっ!と思われるものが目に入ってくることでしょう。鳥が飛んでるんですよ(^^
これは、北海道のある有名な作家さんの作品なのですが、実に完成度が高く、見てるだけで壮大な自然のイメージを持つことが出来ます。この他にも、木に止まっているフクロウやカモなどもいます。
皆さんどうでしょう?この連休には是非!近藤工芸で様々な無垢の板や、様々な木の商品の中で壮大な自然を感じ取られて見たら素敵だと思いますよ。我々スタッフも満足度150%でおもてなしさせて頂きます。


2003年04月11日  ・・・無垢板の選び方

皆さんこんにちは、いよいよ行楽シーズンの到来ですね。そして、4月は新年度も始まり新しい出会いが満載の時期です。皆さんもいい出会いがあればいいですね。

さて、本日は最近無垢板は欲しいけど、どういった風に無垢板を選んでいいかわからないという方が多いので、そういったお客様へのアドバイスをさせて頂ければと思います。
まず、板選びに際してある程度お客様の意見を反映し易いようにどういった感じのお部屋にしたいのか、その部屋に使っている建築の材は何なのか、クロスや壁の色はどういった感じなのかはお聞きしています。その中で、最終的にお客様が気に入られた板をお求め頂いております。そして、ここからなのですが、お客様がどういった感じでその板を使われるのかを聞かせていただくのですが、その用途によって椅子や脚の形状も違ってまいります。
こだわりを持ってご来店頂いたお客様の為に、我々は常にこだわりを持った接客を心がけております。ですから最終的な詰めの段階になればご遠慮無くスタッフに声を掛けて頂ければ、その場でその板をレイアウトさせて頂きます。椅子や脚等を含めて。ご納得行くまで!!!皆様だけのオリジナルが近藤工芸の売りですから当然のことです。
1回で決める必要はございません。何回でも我々はお付き合いいたします。きっといい出会いが見つかりますよ(^^/


2003年04月03日  ・・・ポカポカと・・・

ポカポカと穏やかな日々が続くようになりましたね(^^
私の通勤途中にある花屋さんにも、色とりどりのお花が並んでいます。
そこで、今日ご紹介させて頂く作品は、欅の花さしと、杉がメインで縁取りがウォールナットで作った屏風(写真参照、東予店にあります)です。杉はもちろん高知のヤナセ杉で、その木目はあの豊臣秀吉をも唸らせたと言うくらい美しく、私もその美しさには惚れ惚れします。皆さんも、玄関ホールや床の間に置いて、お花とか壷などを置いてお部屋をレイアウトしてみればいかがでしょうか?(オーダーも出来ますよ^^
私、ムッシュもたまに屏風の前に座っています。それだけで一つの芸術作品になってるそうです(ホンマに・・・?)
まあ、一度見に来てください!ついでにムッシュも・・・
近藤工芸〒799-1107愛媛県周桑郡小松町明穂甲574TEL:0898-72-3310FAX:0898-72-6272
COPYRIGHT