近藤工芸
  お問い合せ
お店のご案内 近藤工芸の学習机 近藤工芸の家
テーブル工房 かわらばん日記 お客様の声
かわらばん日記
ここでは最新の商品ニュースやそれが生まれたいきさつ、また工房やショップでの日々の出来事などお店の素顔をご紹介します。皆さんに当店をより身近に感じていただければ幸いです。

2003年05月31日  ・・・木裏・木表

 樹木を伐採したものを木材といいます。それぞれの箇所に名称がありそれぞれに特徴や癖があります。
今回ご紹介させてもらおうと思うのが木裏・木表であります。樹心に近い肌を木裏。樹皮に近い肌を木表といいます。乾燥がが進むにつれて水分量の変化により木裏に比べて木表の方が収縮が大きくなり反りという特性が現れやすくなります。しかし、割れやひび等という面では木裏より木表の方がその変化が起こりにくいので一般的には実用面で木表(写真参照)を使います。中には碁盤の様にマス目を引いたりして収縮が現れるとマズイ物には木裏(写真参照)を使ったりします。
 天然の物にはやはり動きという特性があり、それを知った使い方というのが必要なよ
うです。

木 表

木 裏


2003年05月27日  ・・・オンリーワン!

 ハーイ!ムッシュです!
 今回は新居浜にお住まいのTさんにオーダー頂いた世界に一つだけのテーブルについて語らせて頂ききます。
天板には楢、脚には楢とアサメラを使用しております。もちろんTさんの身体に合わせたサイズ・デザインになっております。贅沢ですねー(^^
 Tさんは、前々から自分専用のテーブルを探しておられたのですが、なかなか気に入った物がなくて色んなお店を回っていたそうです。そんな時に、ちょうど近藤工芸を見つけたらしく、オーダーが可能だと知って板を選んで頂き、脚等のデザインもクラフトマンと意見を交わしながら出来上がったのがこのテーブルです!!サイズ的には一人用のテーブルなのですが、かなり贅沢なテーブルになっております。
 皆さんも世界に一つしかないオンリーワンを求められてはいかがですか?こんな贅沢もありかなーっとムッシュは感じる今日この頃です。


2003年05月23日  ・・・年輪

 春から夏にかけて成長した幅の広い部分と、秋から冬にかけて成長が止まったかのように濃色の線状に見える輪を皆さんご存知の通り年輪と呼びます。
  木の生長の仕方や育った地域や場所により様々な年輪、木目を見ることが出来ます。
 面白みの強い木目、素直な木目、力強い木目、やさしさのある木目等々・・・。素材が変わればその特徴は様々です。
 特に天然の物だからこそ楽しめる部分を皆さんもご堪能してみてはいかがですか?


2003年05月17日  ・・・大人気の...コーナー

 どうも皆さんこんにちは(^^
梅雨入りも間近の季節がやって参りました。そんな中、本日ご紹介させて頂くのは近藤工芸の隠れた人気コーナーです。
 このコーナーはお客様の途切れない場所として我々スタッフも大好きです。
 そのコーナーとは端材のコーナーです。日曜大工が好きな人だったり、ちょっとした花台にしたり、彫り物が好きな人だったらその材料にと!お客様の層は様々ですが皆さんホンとに木が好きなんだなーと思います。大きさや厚みは、まちまちですが掘り出し物が見つかるかも知れませんね!
 皆さんもこれを使って何か作ってみてはいかがですか?


2003年05月15日  ・・・ムッシュの部屋

 ハーイおひさしぶりです。ムッシュでーす(^^V
今回のムシュの部屋は、松山にオープンしたアジアンスペース「よかくらぶ松山」の紹介をさせていただきます。
松山市湊町3丁目に5月14日にオープンしました。
店内にはもちろん近藤工芸で作らせて頂いたテーブル(ヤナセ杉)が他の調度品と一緒にアジアンな雰囲気をかもし出しています。で、どんなことをやっているかというと・・・
 →cafe mode:元気になる食事とジュースが味わえます。
 →shop mode:雑貨と体に良い商品。
 →event mode:面白いイベント開催。
など盛沢山な内容!!
何かとストレスの多い中、雑踏の中のオアシス、隠れ家的コンセプトを持った店だとムッシュは感じました。近藤工芸が作ったテーブルの上で健康茶などを召し上がればきっと心と体がリフレッシュされるはずです。

【アジアンスペースよかくらぶ松山】
 松山市湊町3-10-2(2F)tel:089-932-4050 
 営業時間:AM9:00〜PM19:00
それでは今回のムッシュの部屋はこれにて・・・
See you(^^/


2003年05月10日  ・・・自然の木は落ち着くね ̄

 皆様が楽しみにされていたゴールデンウィークも終わり、久し振りにリフレッシュされた方や遠出をしてお疲れの方と様々だと思います。我々近藤工芸の方もゴールデンウィーク中は遠方から足を運んでいただき大変賑わいました。
 その中で一番多く聞かれた声は「自然の木は落ち着くねー」の言葉でした。特に最近は癒す、癒されるという言葉が聞こえてきます。確かに忙しい毎日の中で人が求める安らぎは様々ですが、こういった自然の恵みを求めて近藤工芸にご来店される方が増えてきています。
そこで、今回は近藤工芸を彩る癒しの無垢板ではなく、癒しの小物をご紹介したいと思います。お箸やスプーン、信楽焼きのお椀、ランプや一輪挿し等非常に多くの商品が皆様のご来店をお待ちしています。そしてその後は皆さんのお部屋に彩りを添えてくれることでしょう。
 ご来店の際は隅から隅まで見て頂ければいい物が見つかるかも知れませんね!


2003年05月06日  ・・・オフィス用デスク

 えー、実は先日近藤工芸の事務所の模様替えが行なわれました。営業用のデスクが変わったのです!材は桜です。贅沢だ!と皆様に言われそうですが、我々としては怖いです・・・(−−;
これはひょっとしてもっと売上を伸ばせという会社からの無言のメッセージなのでは・・・?環境が変わりやる気を出さねばなりません。気合です!!
 どうですか?会社を経営されてらっしゃる事業主の皆さん!無垢のデスクを置いて会社の士気を高めてみればいい方向行くかも知れませんね。少し違った形での無垢板の使い方かもしれませんが、まあ近藤工芸からの提案です。無垢の用途の広さは無限大ですからね(^^では本日はこれにて・・・


2003年05月03日  ・・・ある一枚の天板

 先日、ある一枚の天板が工場より仕上がって店頭に並びました。その一枚の板というのが楢の木をアンティーク仕上げにした物です。近藤工芸独自の仕上げにより10年、20年先を想定した古びているけどそこに本物だからこそ存在感ある一品です。仕上げた職人S氏も上場の仕上がりとご満悦でした。
 個人的には店内にある250枚の以上の天板の中でもすごく好きな天板です。
近藤工芸〒799-1107愛媛県周桑郡小松町明穂甲574TEL:0898-72-3310FAX:0898-72-6272
COPYRIGHT