近藤工芸
  お問い合せ
お店のご案内 近藤工芸の学習机 近藤工芸の家
テーブル工房 かわらばん日記 お客様の声
かわらばん日記
ここでは最新の商品ニュースやそれが生まれたいきさつ、また工房やショップでの日々の出来事などお店の素顔をご紹介します。皆さんに当店をより身近に感じていただければ幸いです。

2004年05月01日   山での現場研修

 こんにちはヤスです。本日は先日近藤工芸で行なわれた山の研修について報告します。我が近藤産業の山林事業部で行なわれている作業を見てきました。
 まず伐採ですがヤスの想像を超えた高い技術と経験を兼ね備えていなければ出来ない仕事だと実感しました。ただ単に切るのではなく山の条件、木の大きさ等、数々の場面での対応は自然との真剣勝負です。初めて聞いた「受け口」という伐採に欠かせない作業も見ると非常に簡単でしたが、実際にやってみると非常に難しく、チェーンソーを持つことも難しかったです。そして、人が4人も乗れるくらいの大木を切り「せーの!」のかけ声で倒した時の音の物凄い事!もうそれはびっくりという言葉では表現のしようがないくらいの衝撃でした。
 次は山から木を出す作業なんですが、これもまさに命懸けです。山の頂上から別の山の頂上までワイヤーを通して大木を下ろし、そこで均等な長さに揃えて特殊な車両に載せる。これも簡単に言ってしまってますが、とても危険な作業でした。本当は数多くの方に山の現場を見てもらうともっと木の凄さや自然の凄さがわかっていただけるのですが、道なき所に道をつけながらの作業を見るのはとてもいい経験になりました。
 最後にはなりましたが、一枚板をあしらったオーダー家具や無垢の製品は確かに高いかと思われるでしょうが、ヤスはあの現場を見て最終の製品になるまでの計り知れない人々の苦労がお伝え出来たかと思います。そして、今回の経験を一人でも多くのお客様にわかっていただければ幸いです。
それではまた・・・
近藤工芸〒799-1107愛媛県周桑郡小松町明穂甲574TEL:0898-72-3310FAX:0898-72-6272
COPYRIGHT