近藤工芸
  お問い合せ
お店のご案内 近藤工芸の学習机 近藤工芸の家
テーブル工房 かわらばん日記 お客様の声
かわらばん日記
ここでは最新の商品ニュースやそれが生まれたいきさつ、また工房やショップでの日々の出来事などお店の素顔をご紹介します。皆さんに当店をより身近に感じていただければ幸いです。

2004年09月23日   ☆カウンター用の板

お店に来て見ないと写真を撮るのが非常に困難な為、ホームページでは一枚板の更新掲載されない大きな板、カウンター用の板などがあるのを知っていらっしゃる方は少ないと思われますが、今回は、そんな大判の天板をご紹介します。
欅の一枚板なのですが、幅1510ミリ 長さ2570ミリ 厚さ80ミリとかなりの大物です。欅材で、幅が150センチを超える大物は何年もお店には出てこなかったし、今後もこの様に大きいものは、まず国産材では出てこなくなるでしょう。
売れてしまう前に是非一度、現物をお店に見に来てこの大木に触れてみませんか、絶対そんはないですよ。

2004年09月10日   温かいぬくもりの空間

陽射しもやさしくなり、だんだんと過ごしやすくなって参りました。
季節は秋。皆さんいかがお過ごしでしょうか?
運動?読書?そして食欲の秋。
『食』というものは生きるのものにとって、切っても切り離せない必要なものですね。特においしいものには皆さん敏感だと思います。
食事をするとき、味はもちろんのこと、料理の見た目や匂いなどによって脳を刺激されて「食べたい」という衝動にかられます。また同じように、周りの雰囲気もおいしく食べるということに大きく影響するのではないでしょうか?
一つの例として、写真のような空間をおすすめします。木には温かいぬくもりを感じます。そんな机や椅子に囲まれて食事をしている人たちも、自然とほのぼのとした雰囲気になり、楽しい会話も生まれてくるのではないでしょうか?ますます食も進むというものでしょう。
そういった空間作りをできるようなものをそろえて、皆さんがいらっしゃることを心よりお待ちしております。

2004年09月02日   和紙時計

暑い暑いと思っていた夏も終わりに近ずき、気付けば、もうお月見の時期が近ずいてきましたね。
近くの川岸では、いもたき会場を設置している光景も見られます。今年の夏は、台風も多く上陸し、気温も例年より高い日が続き、決して過ごしやすい夏とは呼べませんでしたね。
僕達、近藤工芸のスタッフも、配達等で雨に悩まされたり、暑さにまいりそうになっていました。
そこで今日は、そんな夏が終わり、夜長も涼しく、過ごしやすい秋を迎える写真で皆さんをおもてなししようと思います。
この写真は、竹ランプと陶器の中心に、和紙時計を置いて見ました。
少し見ずらいかもしれませんが、和紙時計には月の内で兎が踊っている絵が描かれています。
これで、おだんごでもあれば・・・と思いましたが、さすがに近藤工芸でもおだんごまでは用意出来ませんでした。
少し、先取りの感はありますが、秋の雰囲気を感じてみてくれればと思います。
近藤工芸〒799-1107愛媛県周桑郡小松町明穂甲574TEL:0898-72-3310FAX:0898-72-6272
COPYRIGHT