近藤工芸
  お問い合せ
お店のご案内 近藤工芸の学習机 近藤工芸の家
テーブル工房 かわらばん日記 お客様の声
かわらばん日記
ここでは最新の商品ニュースやそれが生まれたいきさつ、また工房やショップでの日々の出来事などお店の素顔をご紹介します。皆さんに当店をより身近に感じていただければ幸いです。

2005年3月31日  日本人の特権!!

 

 

木には、いろいろな材がありいろいろな木目があります。考えてみたら僕達スタッフは毎日のようにそのいろいろな材、木目を見ているのですがそういう事を意識するのはたまにしかありません。日本という国は海から山までの距離が近く地形がいりくみ高温多湿の気侯にもよりいろいろな樹種ができやすいらしく、欧米などにくらべるとはるかにいろいろな材があります。という事は僕達日本人はひらたく言えばいろんな木を見る事ができる触れ合える可能性をもっている国民だったのです。僕たちが生活する中で使われている木材というのは、外国の木がかなりの割合をしめている昨今ですが、今注目されている日本で育った木、国産材が近藤工芸にはいっぱい、いっぱい、いっぱい、ありますよ。もしよろしけばそんな日本で育ったいろいろな木を見に来てみてください。



2005年3月28日  職人の皮剥き奮闘記!!

 

こんにちは!!工房の新入りの三好です。お気付きの方もいらっしゃると思いますが、このかわら版、最近、営業スタッフだけでなく、我々職人どもも、参加せよとのお達しがあり一喜一憂ネタ探しにほんろうしております。(グスン・・・涙)。という訳で、とうとうアタシにおはちが回ってきました。今回は、この前やった、皮ハギの事でも書こ〜とっ!  その前に一言、この近藤工芸、ただ丸太を切って、そのままの状態でお客様にお売りしているわけではありましぇ〜ん。一枚板になって、お店に並ぶまでには、実に数多くの工程があるのです。涙、涙の苦労と努力があったのです。今回はその中の一つ皮ハギを紹介します。なぜ皮を剥くかというと、虫が入って木にイタズラしたり雨水を含んで腐ったりするからです。皮剥きの、現場写真も撮ってきましたのでご覧あれ、虫と職人の会話も録りましたのでお聞き下さい。
「職人」アチョー!オリャ-!ドーン、ドーン(玄能の音)
(皮が剥がれる音)バリッ!ガバッ!・・・・・・・ムシ発見!!
「ムシ」アッ!恥ずかしい・・寒い・・・・。
「職人」お前誰や!
「ムシ」ボクムシ君デス。実は蝶々になるので許して!
「職人」ホンマケ?
「ムシ」実はカミキリムシダヨ〜ン!
「職人」許さん!
「ムシ」残念・・・・・!
近藤工芸には、木ばかりでなく、
ムシと会話できる人もいるのであった・・・・。では!


2005年3月18日  東予店がリニューアル!!

 

 

 

 

 

 

今日は近藤工芸東予店のお知らせをしたいと思います。

近藤工芸が2店舗あることはHP上でも何度かお話させて貰いましたが、 今回はその近藤工芸東予店をスタッフが力を合わせて改装し、新しくなった店内写真と合わせて紹介したいと思います。 まず、ワンフロワ−でしかなかった店内に杉の木で柱を立て、その柱同士をサンで繋ぎ、杉板を吊るし間仕切りの状態を作る作業からはじまりました。 もちろん近藤工芸には住宅をも創る職人さんがいますから、当然この位は 朝飯前・・・と、思いきや店舗が2階にあることで材料を運び込むだけで 昼飯前になってしまいました。 し・か・し!ここからが、うちのチ−フ の腕の見せどころ!ほんの数時間のうちにものの見事に5箇所の間仕切が完成、その後は営業スタッフの腕の見せ所?!と言うか、力仕事!杉の板を店内所狭しと吊り上げていきました。まだ全てを作り変えたと言うわけではありませんが、店内に吊り上げられた杉板や間仕切りにはやはり、近藤工芸独特の香りと風合いをかもし出すのに充分な役割を果たしてくれています。今後は商品的にもより一層の充実を目指して行きたいと思います。近藤工芸小松本店ともども東予店にも是非足を運んでみて下さい。


2005年3月13日  欅4メーターの一枚板!!

 

         出たぁ〜

 ハイ ハイ ハァ〜イッ と、 ムッシュです! ついに出たぁ〜 4メートル超の欅の一枚板!(写真) う〜ん 色合いといい、なんともいえないなめらかなくびれは、「セクシィ〜」と言う形容詞がピッタリ、どうですか? こんな一枚板をリビングに ド〜ン と置いて、パァ〜 とやりましょう。 もちろん静かに愛を語るも O.K どんなシーンにも、ぴたりと合いますよ。 ある時は主役に、またある時は脇役に、そして一人でいる時は話し相手にも なってくれるでしょう。この天板はホームページには 載せてないので、 是非 お店の方まで見来て下さい。お待ちしておりまぁ〜す。



2005年3月3日  妥協のない優れた乾燥システム!!

 

近藤工芸には、ばかでかい乾燥機がありまして、この機械が何をするかと言うと、数年間自然乾燥した一枚板を高周波とヒーターの熱で蒸しながらプレス(圧縮)することにより、木の中にいる虫を駆除したり、変色、割れ、反り、曲がりの少ない高品質乾燥が出来るわけです。近藤工芸は、目に見えぬ努力も怠らず、皆様に良い品を提供できるようこれからも頑張らないといけないと思ってます、それが本物と言うことではないでしょうか・・・・・・・・。
そんな男達(職人)が手がけた一枚板や家具たちを是非見に来て頂ければ、とても嬉しく思います。

近藤工芸〒799-1107愛媛県周桑郡小松町明穂甲574TEL:0898-72-3310FAX:0898-72-6272
COPYRIGHT