近藤工芸
  お問い合せ
お店のご案内 近藤工芸の学習机 近藤工芸の家
テーブル工房 かわらばん日記 お客様の声
かわらばん日記
ここでは最新の商品ニュースやそれが生まれたいきさつ、また工房やショップでの日々の出来事などお店の素顔をご紹介します。皆さんに当店をより身近に感じていただければ幸いです。

2005年4月3日  近藤工芸 TVコマーシャル!!

 

近藤工芸の歴代TVコマーシャルを、すべて知っている方は少ないと思いますが、むかし我が近藤工芸のコマーシャルに出演して頂いてた方は、FM愛媛のパーソナリティー井坂彰さんや、愛媛県民なら知っている、らくさぶろう(らくおばさん)など有名な方がいらっしゃいますが、なんといっても、初代の近藤工芸テレビCMに出て頂いたのが、今や全国的に有名になった吉本の若手お笑い芸人、あの友近さんです。志があって吉本に行かれたのは知っていましたが、こんなに有名になってしまうとは正直ビックリです。関西テレビさんや読売テレビさんの番組で、近藤工芸のむかし懐かしい友近さん出演のCMが全国ネットで放送されたりした事で、お客様からの反響があり、なんだか友近様サマです。友近さんこの場を借りて「ほんまにほんまにありがとうございます!」これからも友近さんを近藤工芸のスタッフ全員応援して行きたいと思います。そして我々近藤工芸も友近さんに負けないように「ほんまにほんまの創作家具」を創って行きたいと思います。



2005年4月28日  癒しの木の空間!!

 

 

 

 

部屋の窓際に合わせるようなかたちで置かれた机と椅子。あなたの一つの空間が生まれます。

さて、あなたなら何をしますか?想像してみてください。
木製の椅子に腰掛けて ほっと一息ついたら、天板の上には何をひろげますか?
本を取り出して読む人もいれば、ノートを開いて書きものをするなんて人もいることでしょう。
久しぶりに、知人に手書きの手紙でも書いてみるというのはどうでしょう?
私たちには、気忙しいくらしの中で疲れがちな心と体をゆっくりと癒す時間が大切です。
ぬくもりある木とともに、居心地の良い最高のひとときを過ごしていただければ幸いです。
さて、あなたなら何をしますか?





2005年4月20日  木を育て、山を守る。近藤工芸の山林部!!

 

緑資源機構との契約地の

入り口に立つ看板

@

A

B

C

 

      僕が植えた桧の苗木です。

近藤工芸の母体である近藤産業鰍ヘもともと山林事業からスタートした会社で、現在もその仕事が基幹となっていることは、以前お伝えしました。ところで山林には台風時などに土砂の崩壊を防いだり雨水を蓄えて一気に流れ出るのを防いだり、水質を浄化したりする機能があり、特にその必要が認められているところについては『保安林』として指定されています。弊社では所有する保安林の一部を独立行政法人緑資源機構と提携して保安機能の高い、植生の豊かな山林にすべく事業を行っています。さて、林業では早春は苗を植付ける時期。という訳で今回は少し前に行われた保安林の植栽の模様をご紹介しましょう。

@まず苗木を今回は桧の苗を植栽地まで運びます。今回の現場は近くまで車ではいけないところだったため、架線を利用して苗を上げました。今は機械があるから便利ですが、昔は当然のことながら全て人力でやっていたわけで、当時の苦労がしのばれます。

A運んだ苗木はすぐに植える分を除いて一旦土地のいいところに仮植しておきます、こうすることにより傷みを防ぎ苗の鮮度を保つことが出来ます。

B仮植地から実際の植栽地まで苗を運びます、傾斜がきつく足場の悪い道を鍬と苗木を担いで上がるのは見た目以上に大変!

Cやっと植え込みにかかります。成長の妨げになる岩等がない場所を選んで鍬で穴を掘り、苗の方向に気を付けながら植えつけます。苗が垂直に立つように根元をしっかり踏みつけます。こうして植えつけた苗木が柱に使われるような建材として成長するまででも最低35〜40年はかかります。増してや、テーブルの材料となる広葉樹に到っては、樹齢100年以上のものが必要になる訳ですから、木を育てるというのは根気のいる仕事だと思いませんか?
 (山林事業の続編は6〜7月頃、下刈りの模様をお伝えする予定です。)





2005年4月14日  こだわり小物がいっぱい!

 

  ステンレス小物

 

  手打ち鍋

 

          風呂敷

ヤッホー(−。−)V どうも ムッシュでぇーす。

すっかり春ですね、この前近所のハラッパ(小松には いっぱい在る)で菜の花を摘んでいる人を見かけました。耳を澄ませば小鳥たちのさえずり・・・・・「カァ〜 カァ〜ッ!」っあ カラスが飛んできたぁ。そんな前置きはともかく、以前から近藤工芸の小物いろいろと紹介させて頂きましたが最近木製品、土製品 以外にもメタル、金属・・・なんか うちに合わない・・・いえいえ そんなことないです!質感(打ち出し風のデザイン)品質(18-8という最高のステンレス)そして丈夫で使いやすい。まさに近藤工芸のコンセプトそのもの、当たりぃ(ヒット ヒット!)の小物が入荷しました。とにかく お店に来て 手にしてみて下さい。よし!今夜はカレ−にして、このスプーンで 食べよっと。


近藤工芸〒799-1107愛媛県周桑郡小松町明穂甲574TEL:0898-72-3310FAX:0898-72-6272
COPYRIGHT