近藤工芸
  お問い合せ
お店のご案内 近藤工芸の学習机 近藤工芸の家
テーブル工房 かわらばん日記 お客様の声
かわらばん日記
ここでは最新の商品ニュースやそれが生まれたいきさつ、また工房やショップでの日々の出来事などお店の素顔をご紹介します。皆さんに当店をより身近に感じていただければ幸いです。

2005年09月30日   木の木目に癒されて・・・・・・・


 

欅(けやき)

 

欅(けやき)

 

欅(けやき)

全て同じ欅です。

 

 

  

皆さんもご存知でしょうが、木にはいろいろな樹種や特徴があります。木目が違えば、香りも違う。それに同じ種類の木であっても木目が違ったり、色合いが全然違ったりするのです。そしてその一本一本の木たちが、自らを主張しているように思えます。その点、人間と似ているなと思いました。人は、人同士で会話をしたり、好きな場所へ行ったり出来るのですが、木は同じ場所に留まり何十年何百年とじっと黙って育っていくのです。木は木の役目を果たすのでしょうが、僕には、まるで修行僧のように思えます。だからこそ、その悟りを開いたかのような堂々たる風格が感じられるのではないでしょうか。僕はたまに何をしてもうまくいかず落ち込む時があります。そんな時に毎日見ている木を目の前に、『自分は自分だ、あまり先を考えずに今をひとつひとつ頑張ればいいんだ』とそう木が言ったような気がして、気持ちが楽になります。何も話さないけれど生きている木、話さないからこそ人が木に向かい合ったときそれぞれの思いを感じることが出来るのではないでしょうか。皆さんもそんな木たちに毎日の生活の中で話しかけてみてはどうでしょう。新しい自分を木から教えてもらえるかも・・・・・・・・・


2005年09月21日   近藤工芸バーべキューパーティー!!


自然がいっぱい!

川のせせらぎが聞こえてきます。

山小屋です。桧風呂もあります。

大きな岩も自然のオブジェ!

 

   楠窪の森の入り口で〜す。

先日、本当に久しぶりに我が近藤工芸のスタッフでバーべキューをしました。
社長の所有する山間に、約60ヘクタールの、会社所有の保養地の様な別荘のような、研修施設があります。 川が流れ山小屋やログハウスもあり、なんと桧風呂もあります。社長自ら雑木の苗木をたくさん植え社員も手伝って、造り上げている森、私共はその場所を楠窪の森と呼んでいます。何年もかかって整備していますが、まだ完成ではないようです。社長の山への恩返しの気持ちから造っている森、(いわゆる社長の夢)なのです。この場所で、我が近藤工芸のスタッフが集まって、焼肉バーベキューを腹いっぱい食べてしまいました。(^-^)/ 山間の谷間に作られた楠窪の森は、小川のせせらぎと、小鳥のさえずりが聞こえるし、ロケーションも最高です。専務と社長が先にお肉や野菜、ビール等を準備してくれていたので、着いたらすぐに食べれました。タマネギとニンニクの丸焼きのたべすぎで、次の日は、家族に、臭いと嫌がられましたが、この様な事は、何度あっても嬉しいものです。言いだしっぺの専務には感謝感謝です。皆さんも楠窪の森で、バーべキューを楽しみたいと思ったら、まず面接をクリヤーしてくださいね・・・・・・・・・! (^0^)/                  

※反省
みんなが楽しんでるところの写真を撮ろうと思っていたのに、当日嬉しくてカメラを持って行くのを忘れてしまいました。

皆さんごめんなさい!(><) とりあえず前に録っていた楠窪の写真を搭載します。


2005年09月08日   手ふきガラスのランプ!!


 

 

 

 マイヤ ホォ〜♪ マイヤ ヒィッ ヒィ〜♪ どうも〜 夏バテでヒィ〜ヒィ〜 言っているムッシュで〜す。

(+。+) 暑い暑い、と言っても朝晩はだいぶ過ごしやすくなった今日この頃、いかがお過ごし でしょうか。
いつものような前フリから始まった今回は、お店に展示してあるランプについて紹介 します。 これから迎える秋・・・そう秋といえば、やっぱり夜・・・ う〜んロマンチックな 夜、そんなム〜ディな夜を演出するのが、このランプ(写真)もちろん手吹ガラス、ガラス職人の熟練の技で仕上げた手作りの、逸品です。  もちろん一つ一つ表情が違い、世界に一つだけのランプ(オンリー・ワン)  部屋の明かりを落として、ランプのほのかな灯りが、二人の愛をまろやかに包み、育んでいくことでしょう。(〜。〜) いいねぇ〜。おっと!一人ぽっちのヒトも、もちろん大丈夫。その柔らかな光りが心を癒してくれることでっしょう。 そんな素敵なランプを見に来て下さい。お待ちしておりまーす。

 


近藤工芸〒799-1107愛媛県周桑郡小松町明穂甲574TEL:0898-72-3310FAX:0898-72-6272
COPYRIGHT