近藤工芸
  お問い合せ
お店のご案内 近藤工芸の学習机 近藤工芸の家
テーブル工房 かわらばん日記 お客様の声
かわらばん日記
ここでは最新の商品ニュースやそれが生まれたいきさつ、また工房やショップでの日々の出来事などお店の素顔をご紹介します。皆さんに当店をより身近に感じていただければ幸いです。

2006年2月27日  29歳男性社員のポエムチック


 

 

 木の良さとは何でしょうか?近藤工芸で働いているとよくお客さんから『木はっやっぱりいいね』と言って頂きます。

 

 木の良さとは何でしょうか?木は何も言いません。何も言わず山で自生し樹から木へ変わり普段の僕たちの生活の中に溶け込んでいます。

 木は協調性を持ちます。
山で自生している時から周りの環境に合わせて何も言わず静かに佇んでいます。空気を浄化してくれるとか、紫外線を赤外線に変えるとか、そうゆう事ではなく何も言わない木だから、人は何も言わず受け入れるのではないでしょうか。


2006年2月17日  あるお宅にテーブルを納品しました・・・際の出来事


メッセージをありがとうございます。

 

銀楢のテーブルとそれぞれ違う椅子でも、まとまった和やかな雰囲気が出ています。

 

 久しぶりにかわら版に登場しました。なんか新鮮な気分です。いつもはみんなのかわら版を編集し、アップしているから、とくに新鮮に感じます。

 さて、この間、愛媛県西予市のM様から銀楢の天板での食卓テーブルをご注文いただきました。寒い中、西予市から遥々(上でも2時間かかる所です!)近藤工芸にお越しくださいました。何かお力に・・・と思いできるだけの知識を搾り出し、接客をさせて頂きました。私の不足な説明で、いろいろ理解していただき、ご注文を受けさせていただきました。節の部分に少し動きのでた天板を工場へ下ろし、平に仕上げて脚をつけて・・・。なんだか私もワクワクしました。出来上がるとなんともステキなテーブル!!椅子にもとてもマッチしていて、後で注文を受けたスツールもとてもよく合っていて、M様もとてもステキだといっていただき、本当に嬉しさいっぱいです。

 そして、配送担当者が帰ってきて、みかんの入った箱を渡してくれました。速攻でM様にお礼の電話を入れた後、ダンボールを開けてみました。そしたら、なんとそのダンボール箱の中心にメッセージが入っていたのです。こんな力不足の私に、どうもありがとうございました、と・・・。胸がいっぱいになり、涙が出てきそうでした。とても嬉しかったです。M様、本当にありがとうございました。

これからも末永く、銀楢のテーブルや椅子たちと、楽しいひと時をお過ごし下さいね。

              by ゆう                      


2006年2月6日  囲炉裏を納品・・・珍しい配送劇


 

 

 

 今回のかわら版は配達にまつわる現場での仕事をおとどけしたいと思います。 近藤工芸も配達においては基本的には家具の納品です。が、しかし時になかなか一般の家具屋さんでは味わうことの出来ないような家具の納品もあります。

 昨年の暮れ松山市K邸へ、欅の囲炉裏テーブルしかも食卓用を納品しました。お届けに行く前から2階への設置と聞いていたのでもう吊り上げは、ほぼ確実と思っていました。一応お届けにあがる3日前にそのお家にお寄りして、どのスペースからどの通路から囲炉裏をいれようかと作戦をねりに行ったのですがやはり吊り上げという方向に決めました。先程から出てきている吊り上げというのは家具をロープで縛りつけそのロープの先端を2階から引っ張り上げるという方法です。と同時に下からも人一人はハシゴを今回はベランダですが2階にかけて押し上げながら家具を入れ込みます。写真をみてもらえば皆さんどう思われるかはわかりませんが今回はなかなか重量感のある納品でした。

 余談にはなりますがこの囲炉裏をベランダに入れ込んで終了した瞬間、雪が舞い始めなんとも言えない忘れることの出来ない納品になりました。

近藤工芸〒799-1107愛媛県周桑郡小松町明穂甲574TEL:0898-72-3310FAX:0898-72-6272
COPYRIGHT