近藤工芸
  お問い合せ
お店のご案内 近藤工芸の学習机 近藤工芸の家
テーブル工房 かわらばん日記 お客様の声
かわらばん日記
ここでは最新の商品ニュースやそれが生まれたいきさつ、また工房やショップでの日々の出来事などお店の素顔をご紹介します。皆さんに当店をより身近に感じていただければ幸いです。

2006年7月26日 新しく入社した建築大工からのかわら版です。


 

 

 はじめまして。5月から近藤工芸でお世話になっている、完全現場主義の大工です。最近、「不易流行」という言葉をよく耳にすることがあります。調べてみると松尾芭蕉が作った言葉で、移り行く時代の中で変わらないもの変えてはならないモノ、と言う言葉らしい。流行を追いつつもその物事の本質を変えない。実行するにはかなりの経験と知識と傲慢になり過ぎない自信が必要になってくると思う。都合のいい難しい言葉だと思う。しかし自分が今建てさせて貰っている家はそれに近いと思う。これから家を建てる世代のライフスタイル、感性に合う家。日本の伝統的技法を用いつつ、シンプルで重過ぎない木の家。モダン和風。「不易流行」な家作りを自分なりに目指そうと思う。


2006年7月10日 店内の囲炉裏用天板です。


 今日は店内でも展示状況が充実してきた囲炉裏の紹介をしたいと思います。写真は栃の一枚板の天板を
くり貫き、単体の火鉢を落とし込んだ囲炉裏テーブルです。古来は室町時代からの歴史を持つ囲炉裏ですが、現代においては癒しの空間演出プラス独自の機能性を持つタイプのテーブルとして注目されています。まず、もちろん灰を入れて炭で火をおこすことも出来ますし。最近ではカセットコンロを落とし込み鍋などのときに使用するというケースも多いようです。又最新作品の火鉢部分は銅版がはずれる使用にしましたので掃除や万が一銅版が破れた時の対応にも困らなくなりました。時代が変わっても変わらないスタイルの囲炉裏を今風のアレンジで使って貰いたい。そして20年.30年後のその時にも今風なモダンな家具と言われる商品をこれからも数多くご提供できればと思います。

近藤工芸〒799-1107愛媛県周桑郡小松町明穂甲574TEL:0898-72-3310FAX:0898-72-6272
COPYRIGHT